法政大学高等学校ラグビー部

ようこそ!法政大学高等学校ラグビー部の公式ホームページへ

HOSEI University Highschool RUGBY FC
春季大会合同リーグ第2節

春季大会合同リーグ第2節

春季大会合同リーグ第2節。

前節を劇的な逆転で勝利した合同C。ゴールデンウィークも挟み改善点を修正して、と思っていたが、コロナウィルス感染拡大を受け各校でも様々な対応がとられる中、前回の試合4/25から結局一度も合同Cの全員で集まることが出来ずにこの日を迎えた。戦術的な熟成は出来なかった。あとは個人個人のスキルアップを信じるしかない。もっともこの状況は対戦相手である合同Fをはじめすべての学校に対して言えることだ。満足な準備が出来た学校は少ないだろう。そんな中でも試合が出来ることに感謝し、持っている全ての力を出すことだけを誓った。

小雨の降る中、合同Fボールでのキックオフ。

前回大活躍したFL染谷の突破を皮切りに、SO小沢やFL山田がボールを持って良いゲインを見せる。前節では開始2分で2トライを献上してしまったが、今回は緊張感でガチガチになることもなく、立ち上がりから良いテンポで試合を進める。

4分。相手陣深くまで攻め込んだ合同C。ヤーボスクラムからのキックをキャッチしたFB宮川がスペースのある左サイドを突破。一人二人とかわすとスピードに乗り、なんと40mを走りきって先制トライ。今回は先制点を挙げることが出来た。7-0。

8分。しかし合同Fも負けてはいない。合同C陣に攻め込むと一気にインゴールまで突き進みトライを奪い返してきた。7-7。

9分。だが、ここですぐに反撃できたことが大きかった。余った左サイドへ展開するとパスが綺麗につながりトライ。結果的にはこのトライが非常に大きかった。12-7。

14分。すぐに突き放すことに成功した合同Cはここで追加点。19-7と12点の差をつける。ただこのプレーで主将SH奈良が負傷。交代を余儀なくされてしまった。

16分。奈良を欠いた合同Cであったが、すでに流れは完全につかんでいた。良い位置でもらった染谷がトライを奪い点数は24-7となる。

20分。だが一方的な展開になるかと思われた時間帯に合同Fもラインアウトからのモールで追撃のトライを奪ってきた。24-12。

ここで前半終了。

 

前節と同じく、この試合でもベンチ入りしている全ての選手にプレーをさせることを決めていた合同C。一気に5人が交代しフレッシュなメンバーがチームを引っ張る。

 

後半開始早々、WTB石坂がライン際をビックゲイン。

4分。そのチャンスにゴール前から山田がトライ。

このトライを皮切りに、後半は合同Cによる多くのトライシーンが生まれる。

10分には小沢の突破からまたも山田がトライ。

18分には宮川が再びトライを奪う。

そしてロスタイムには、山田がこの日なんと3つめのトライを奪って見せた。

山田は東海大菅生のキャプテンである。この日の合同Cは菅生のファーストジャージを使用させてもらった。きっと菅生のキャプテンとしていつも以上に試合に対する思い入れが強くなっていたのではないだろうか。まさしく獅子奮迅の活躍であった。

終わってみれば46-12というスコアで勝利することが出来た。

 

今回の春季大会は、単独チームと合同チームで試合フォーマットが分かれ、試合時間も短くなったことからどこまで真剣に試合に臨めるか懸念する部分もあった。だが、選手たちはみな一生懸命にプレーし、ラグビーが出来ることを心から感謝して噛みしめているように見えた。春季大会はこれで終了となり、合同Cもとりあえず解散となる。だが、ようやくチームらしくなってきたところだ。もう少し一緒にラグビーをしてみたい。せっかくこうして春季大会のリーグで一位になったのだ、この先も少し何かアイデアを出してみようじゃないか。もしかしたら後日何かご報告できるかもしれない。乞うご期待、である。

 

 

1
富永 有飛(昭和)
2
2
淋 遥翔(昭和)
3
3
笹原 世凪(昭和)
2
4
恒見 大晴(昭和)
3
5
マチャスジョシュアアルベス(昭和)
3
6
山田 築(菅生)
2
7
染谷 優羽(法政)
3
8
田邊 佑典(帝八)
3
H
9
奈良 遼也(法政)
3
10
小沢 秀太(昭和)
3
TB
11
渡邉 嵩太(帝八)
3
12
髙田 太陽(昭和)
3
13
佐野 景將(帝八)
3
14
桑原 脩汰(昭和)
3
FB
15
宮川 篤(帝八)
3
16
加藤クリストファーエドワード(帝八) 2
17
橋本 侑(菅生) 2
18
鳥羽 裕行(帝八) 2
19
亀井 優太朗(帝八) 3
20
馬場 達貴(帝八) 3
21
石坂 瑠惟(法政) 2
22
23
24
25
合同C
合同F
4
2
2
1
PG
DG
24
前半
12
4
1
PG
DG
22
後半
0
46
合計
12
交代
入替 前半14分 9 → 20
入替 後半0分 1 → 16
入替 後半0分 2 → 17
入替 後半0分 3 → 18
入替 後半0分 7 → 19
入替 後半0分 14 → 21

«